洗濯機の排水フィルター/ドラムの掃除や手入れは必須

洗濯機の排水フィルター/ドラムの掃除や手入れは必須

記事内に広告を含む場合があります。

洗濯機の排水フィルター/クシ

洗濯機の排水フィルター/クシ

 

洗濯機の排水フィルターは、洗濯機の排水ホースに取り付けられているフィルターです。洗濯中に衣類から落ちた糸くずや髪の毛などのゴミをキャッチし、排水ホースや排水溝の詰まりを防ぐ役割をしています。排水フィルターは定期的に掃除をすることで、洗濯機の故障を防ぐことができます。

 

排水フィルターの掃除方法は、洗濯機のメーカーによって異なります。一般的には、排水フィルターを手で回して取り外し、ブラシや歯ブラシでゴミを掃除します。汚れがひどい場合は、水で洗い流してください。掃除が終わったら、排水フィルターを元に戻して、洗濯機を再起動してください。

 

排水フィルターの掃除は、洗濯機の寿命を延ばすためにも大切です。排水フィルターは、洗濯機の使用頻度にもよりますが、1~2ヶ月に1回程度の掃除をおすすめします。

 

洗濯機の排水フィルター/タイプ

洗濯機の排水フィルター/タイプ

 

 

洗濯機の排水フィルターには、主に以下の3種類があります。

 

網目状フィルター
くし状フィルター
カートリッジフィルター
網目状フィルターは、最も一般的なタイプの排水フィルターです。細かい網目でできており、糸くずや髪の毛などのゴミをキャッチします。

 

くし状フィルターは、網目状フィルターよりも細かいゴミをキャッチすることができます。また、網目状フィルターよりも目詰まりしにくいのが特徴です。

 

カートリッジフィルターは、最も高価なタイプの排水フィルターです。しかし、網目状フィルターやくし状フィルターよりもゴミをキャッチすることができ、目詰まりしにくいのが特徴です。

 

洗濯機の排水フィルターは、定期的に掃除することが大切です。フィルターが汚れていると、排水がスムーズに行われず、洗濯機が故障する原因になることがあります。

 

排水フィルターの掃除方法は、洗濯機の種類によって異なります。洗濯機の取扱説明書に記載されている掃除方法に従って、フィルターを掃除してください。

 

洗濯機の排水フィルター/ドラム

洗濯機の排水フィルター/ドラム

 

 

ドラム式洗濯機の排水フィルターは、洗濯中に衣類から出る糸くずや髪の毛などをキャッチする役割をしています。これらのゴミが溜まると排水が悪くなり、洗濯機の故障につながる可能性があります。そのため、定期的に排水フィルターの掃除を行うことが大切です。

 

排水フィルターの掃除方法は、洗濯機のメーカーによって異なります。しかし、一般的には以下のような手順で行います。

 

洗濯機の電源を切る。
排水ホースを外す。
排水フィルターを手で引き出す。
排水フィルターに付着したゴミをブラシなどで取り除く。
排水フィルターを洗面器などで水洗いする。
排水フィルターを元に戻し、排水ホースを接続する。
洗濯機の電源を入れ、排水が正常に行われるか確認する。
排水フィルターの掃除は、1?2ヶ月に1回程度行うようにしてください。

 

洗濯機の排水フィルター/ドラム式洗濯機

洗濯機の排水フィルター/ドラム式洗濯機

 

 

ドラム式洗濯機の排水フィルターは、洗濯槽の下の排水ホースに取り付けられています。排水フィルターは、洗濯中に排出された糸くずや髪の毛などのゴミをキャッチする役割をしています。排水フィルターが汚れると、排水がうまくいかなくなり、洗濯機が故障する原因になることもあります。そのため、ドラム式洗濯機を使用する際は、定期的に排水フィルターのお手入れを行う必要があります。

 

排水フィルターのお手入れ方法は、洗濯機のメーカーによって異なります。詳しくは、洗濯機の取扱説明書を参照してください。一般的には、次の手順で排水フィルターのお手入れを行うことができます。

 

洗濯機の電源を切る。
排水ホースの排水フィルターカバーを開ける。
排水フィルターをゆっくりと引き出す。
排水フィルターに付着したゴミをブラシや歯ブラシで取り除く。
排水フィルターを洗面器に入れて、水で洗う。
排水フィルターが乾いたら、排水ホースに戻す。
排水ホースの排水フィルターカバーを閉める。
排水フィルターのお手入れは、月に1回程度行うようにしてください。

 

排水フィルターのお手入れを怠ると、次のトラブルが発生する可能性があります。

 

排水不良
洗濯機の故障
悪臭の発生
排水フィルターは、ドラム式洗濯機を長持ちさせるためにも、定期的に清掃することが大切です。

 

洗濯機の排水フィルター/手入れ

洗濯機の排水フィルター/手入れ

 

 

洗濯機の排水フィルターは、洗濯中に排水ホースに溜まったゴミや糸くずをキャッチするものです。定期的に掃除をしないと、排水がスムーズに行われず、洗濯機の故障の原因になることもあります。

 

排水フィルターの掃除は、洗濯機の取扱説明書に記載されている手順に従って行ってください。一般的には、以下の手順で掃除を行います。

 

洗濯機の電源を切り、水栓を閉めます。
排水フィルターのフタを外します。
排水フィルターを取り出します。
排水フィルターに溜まったゴミや糸くずを取り除きます。
排水フィルターを洗浄します。
排水フィルターを元に戻します。
水栓を開き、洗濯機の電源を入れます。
排水フィルターの掃除は、月に1回程度行うのが目安です。汚れがひどい場合は、2週間に1回程度の掃除を行うようにしてください。

 

排水フィルターの掃除を怠ると、以下のようなトラブルが発生する可能性があります。

 

排水が遅くなる
洗濯機が故障する
異臭が発生する
洗濯物が汚れる
排水フィルターの掃除は、洗濯機を長持ちさせるためにも、定期的に行うようにしましょう。

 

洗濯機の排水フィルター/掃除

洗濯機の排水フィルター/掃除

 

 

洗濯機の排水フィルターは、洗濯機の排水ホースの途中に設置されているフィルターです。このフィルターには、洗濯中に落ちた糸くずや髪の毛などのゴミが溜まります。このゴミが溜まると、排水がスムーズに行われなくなり、洗濯機の故障の原因になることがあります。そのため、排水フィルターは定期的に掃除することが大切です。

 

排水フィルターの掃除方法は、洗濯機の種類によって異なります。ドラム式洗濯機と縦型洗濯機の掃除方法をご紹介します。

 

ドラム式洗濯機

 

電源を切ります。
洗濯機の排水ホースのフタを開けます。
排水フィルターを手で取り外します。
排水フィルターに溜まっているゴミを水で洗い流します。
排水フィルターを元に戻します。
電源を入れて、洗濯機の動作を確認します。
縦型洗濯機

 

電源を切ります。
洗濯機の排水ホースのフタを外します。
排水フィルターを手で取り外します。
排水フィルターに溜まっているゴミを水で洗い流します。
排水フィルターを元に戻します。
電源を入れて、洗濯機の動作を確認します。
排水フィルターの掃除は、月に1回程度行うことをお勧めします。