製氷機の掃除 クエン酸と食紅ない/くいのキレイのパッと

製氷機の掃除 クエン酸と食紅ない/くいのキレイのパッと

記事内に広告を含む場合があります。

製氷機をクエン酸、食紅を使わず掃除する方法

 

用意するもの

 

重曹

食器用洗剤
スポンジ

手順

 

冷蔵庫の電源を切る。
給水タンクの水を捨てる。
給水タンクに重曹大さじ2杯を入れる。
給水タンクに水を300ml入れる。
製氷機を動かして、重曹水を製氷する。
製氷機が停止したら、貯氷ケースの氷を全部捨てる。
給水タンクの重曹水を捨てて、食器用洗剤を溶かした水で洗う。
製氷機を動かして、食器用洗剤水を製氷する。
製氷機が停止したら、貯氷ケースの氷を全部捨てる。
貯氷ケースの水垢や汚れをスポンジでこすって落とす。
貯氷ケースを布で拭いて乾かす。
冷蔵庫の電源を入れる。
ポイント

 

重曹は、酸性のクエン酸とは異なり、中性なので、金属やプラスチックなどの素材を傷めにくい。
重曹水を製氷することで、製氷機の内部に付着したカビや汚れを落とすことができる。
食器用洗剤水を製氷することで、製氷機の内部をすすいで、重曹の残りを洗い流すことができる。
食紅を使わずに掃除する場合、製氷機が停止した後に、貯氷ケースの氷を舐めて、酸っぱさがなくなったら掃除完了です。

 

また、浄水フィルターは、給水タンクと一緒に水洗いするのがおすすめです。それでも汚れが落ちない場合は、クエン酸やお酢を使って掃除するとよいでしょう。

 

製氷機をクエン酸で掃除する方法

 

製氷機の掃除は、クエン酸を使って簡単に行うことができます。クエン酸は、酸性の性質で汚れを落とす効果があります。

 

【材料】

 

クエン酸:大さじ1
水:300ml
食紅:1/2スプーン(任意)
【手順】

 

冷蔵庫の電源を切る。
給水タンクの浄水フィルターを外す。
給水タンクに水、クエン酸、食紅(あれば)を入れ、よく混ぜる。
給水タンクを冷蔵庫に戻して、製氷を開始する。
ピンク色の氷が出てきたら、製氷を停止する。
給水タンクと製氷皿、トレーなどの外せる部品を取り外し、水で洗う。
冷蔵庫の電源を入れて、製氷を再開する。
氷に食紅の色が出なくなったら、掃除完了。
【ポイント】

 

クエン酸を溶かすときは、水が熱すぎると溶けにくくなるので、注意する。
製氷機の内部を掃除するときは、水で濡らした布やスポンジで拭く。
外せる部品は、食器洗い機で洗ってもよい。
製氷機の掃除は、半年に1回程度行うのが目安です。また、氷のにおいや味が気になる場合は、1ヶ月に1回程度掃除することをおすすめします。

 

製氷機の貯水タンクの掃除方法

 

手順

 

冷蔵庫から給水タンクを取り外します。
タンクから浄水フィルターと給水パイプなどを外します。
タンクと各パーツを水道水で洗い流します。
浄水フィルターは水道水で洗い流します。
給水パイプは、流水で水を通し、汚れやゴミを洗い流します。
タンクと各パーツを乾かします。
給水タンクを冷蔵庫に戻します。
注意点

 

浄水フィルターは、水道水で洗い流すだけで十分です。食器用洗剤やクレンザーを使うと、フィルターの性能が低下する場合があります。
給水パイプは、流水で水を通し、汚れやゴミを洗い流します。詰まりの原因になる場合は、つまようじやピンセットで取り除いてください。
汚れがひどい場合

 

貯水タンクや給水パイプに汚れがひどい場合は、クエン酸や酢を使って掃除することができます。

 

クエン酸を使った掃除

 

給水タンクに水道水とクエン酸を1:1の割合で入れます。
製氷機を動かし、水とクエン酸の混合液を製氷します。
製氷が終わったら、氷を捨て、水道水で複数回製氷して、内部をすすいでいきます。
水での製氷を繰り返し、出てきた氷をすべて捨てれば掃除完了です。
酢を使った掃除

 

給水タンクに水道水と酢を2:1の割合で入れます。
製氷機を動かし、水と酢の混合液を製氷します。
製氷が終わったら、氷を捨て、水道水で複数回製氷して、内部をすすいでいきます。
水での製氷を繰り返し、出てきた氷をすべて捨てれば掃除完了です。
クエン酸や酢を使う場合は、製氷機の取扱説明書に記載されている方法に従ってください。また、掃除後は、きちんと水洗いをして、洗剤やクエン酸の成分を残さないようにしてください。