排水溝 お湯を一気に流す やり方/一覧の予防の自分の台所

排水溝 お湯を一気に流す やり方/一覧の予防の自分の台所

記事内に広告を含む場合があります。

キッチンの排水管のつまりを掃除する方法

 

は、大きく分けて以下の3つです。

 

大量のお湯を流す
排水管のつまりは、油汚れが固まってできることが多いです。この場合、大量のお湯を流すことで、油汚れを溶かしたり、流したりすることができます。

 

お湯の量は、シンクの7~8分目が目安です。お湯が沸騰したら、排水口に雑巾を詰めて栓をし、一気にお湯を流します。

 

パイプクリーナーを使う
パイプクリーナーは、排水管のつまりを解消するための洗剤です。パイプクリーナーには、薬品タイプと酵素タイプがあります。

 

薬品タイプは、酸性やアルカリ性の薬品で、油汚れや生ゴミなどの固形物を溶かします。ただし、金属製の排水管や、プラスチック製の排水口には使用できない場合があるので、注意が必要です。

 

酵素タイプは、微生物の力で、油汚れや生ゴミなどの固形物を分解します。薬品タイプに比べて、安全に使用することができます。

 

パイプクリーナーを使用する場合は、説明書に従って、正しく使用してください。

 

ワイヤーブラシを使う
ワイヤーブラシは、排水管の奥のつまりを掻き出すための道具です。

 

排水口のフタやゴミ受けなどを取り外し、ワイヤーブラシを排水管に挿入します。ワイヤーブラシを回転させながら、つまりを掻き出します。

 

ワイヤーブラシを使用する場合は、無理に力を加えないように注意してください。

 

なお、これらの方法を試してもつまりが解消しない場合は、業者に依頼することをおすすめします。

 

また、キッチンの排水管のつまりを予防するためには、以下の点に注意しましょう。

 

油汚れは、流さずにキッチンペーパーなどで拭き取る。
生ゴミは、水で流す前に、すり鉢で細かく砕く。
排水口にゴミ受けを設置する。
これらの点に注意することで、つまりを防ぐことができます。

 

キッチンの排水管がつまる原因は?

 

油汚れ
油汚れは、排水管の中で固まって塊になり、つまりの原因となります。油は温度が高いうちは液体ですが、冷えると固まります。そのため、食器や調理器具の油汚れは、流す前にキッチンペーパーなどで拭き取ったり、食器洗い機で洗ったりするようにしましょう。また、食べ残しの油も、そのまま流さず、油汚れ用のゴミ袋などに入れて処分するようにしましょう。

 

食材のカスやぬめり
食材のカスやぬめりも、排水管の中で塊になり、つまりの原因となります。野菜のヘタや皮、肉や魚の骨、米粒など、排水口に流してはいけないものを流さないようにしましょう。また、洗剤の溶け残りも、つまりの原因となることがあります。洗剤は、使用量を守って使用するようにしましょう。

 

固形物
調理中に出てしまう固形物が、つまりの原因となることもあります。例えば、骨や貝殻、箸やスプーンなどの金属類、ペットボトルなどのプラスチック類などが、排水管に詰まってしまうことがあります。これらのものを流さないようにしましょう。

 

排水管のつまりを防ぐためには、以下のことに注意しましょう。

 

油汚れは、キッチンペーパーなどで拭き取ったり、食器洗い機で洗ったりするようにする
食べ残しの油は、油汚れ用のゴミ袋などに入れて処分する
排水口に流してはいけないものを流さないようにする
洗剤の使用量を守って使用する
固形物が排水管に詰まらないように注意する
また、定期的に排水管を掃除することも、つまりを防ぐことにつながります。排水管掃除は、市販のパイプクリーナーや、ワイヤーブラシなどを使用して行うことができます。自分で掃除するのが難しい場合は、専門業者に依頼することもできます。

 

排水管掃除の注意点

 

排水管の材質を確認する
排水管には、塩化ビニル管、ポリエチレン管、ステンレス鋼管など、さまざまな材質が使われています。熱湯を流すと変形する塩化ビニル管などもあるので、事前に排水管の材質を確認しておきましょう。

 

熱湯を流さない
熱湯を流すと、排水管の材質によっては変形や破損の原因となることがあります。特に、塩化ビニル管は熱湯に弱いので、45℃以下のお湯を使うようにしましょう。

 

ワイヤーブラシを無理に使用しない
ワイヤーブラシで排水管の汚れをこすり落とそうとすると、排水管に傷がつき、水漏れの原因となることがあります。また、ワイヤーブラシが排水管に詰まることもあるので、無理に使用しないようにしましょう。

 

排水管の分解はプロに任せる
排水管を分解して掃除する際には、専門的な知識と技術が必要です。自分で分解して掃除を行った結果、排水管の破損や水漏れの原因となることがあるので、プロに任せるようにしましょう。

 

また、排水管掃除を行う際には、以下の点に注意するとより効果的です。

 

定期的に掃除する
排水管は、髪の毛や油汚れなどの汚れが溜まりやすい場所です。定期的に掃除をすることで、詰まりを予防することができます。

 

排水口にネットを設置する
排水口にネットを設置することで、髪の毛やゴミが排水管に流れるのを防ぐことができます。

 

油を流さない
油は排水管に固まりやすいので、排水管に流さないようにしましょう。油を流す場合は、必ず水で薄めてから流してください。

 

排水管掃除は、自分で行うことも可能ですが、難易度が高い場合はプロに依頼することをおすすめします。