エアコン取り付け お茶 出さない/タイミングの立ち会いの設置

エアコン取り付け お茶 出さない/タイミングの立ち会いの設置

記事内に広告を含む場合があります。

エアコンの取り付け工事でお茶出しは必要?

 

しかし、暑い日や寒い日など、工事をする側が体調を崩しやすい状況では、お茶出しをすると喜ばれるかもしれません。また、工事完了後にお茶出しをすると、工事の丁寧さや対応の良さへの感謝の気持ちを伝えることができます。

 

お茶出しをする場合は、ペットボトルのお茶やコーヒー、お菓子など、気軽に受け取れるものを用意するとよいでしょう。また、工事の作業の邪魔にならない場所に置くようにしましょう。

 

具体的には、以下のようなタイミングでお茶出しをするとよいでしょう。

 

工事の開始前
休憩中
工事の終了後
なお、お茶出しをするかどうかは、あくまでも個人の判断となります。お茶出しをしないことで、業者から不満を言われることはありません。

 

お茶受け取りを禁止しているエアコン取り付け業者も

 

コンプライアンス上の理由
エアコン取り付け工事には、電気工事士やガス工事士などの資格が必要な場合があります。資格を持たない者が工事を行うと、法律違反となり、罰則の対象となる可能性があります。そのため、一部の業者では、顧客からの差し入れを禁止することで、不正工事の防止に努めています。

 

衛生上の理由
エアコン取り付け工事は、屋内外を問わず、埃や汚れが発生する作業です。そのため、作業員の健康を守るために、顧客からの飲食物の受け取りを禁止している業者もあります。

 

もし、エアコン取り付け業者に差し入れをしようと考えている場合は、事前に受け取り可能かどうか確認しておくとよいでしょう。

 

具体的には、業者のホームページや電話で確認するか、見積書や工事契約書に記載されているかどうかを確認します。もし、受け取りが禁止されている場合は、差し入れをしない方がよいでしょう。

 

また、差し入れをする場合でも、以下の点に注意しましょう。

 

休憩中や作業が終わった後に差し入れをする
気を遣わせないために安価なものを選ぶ
持ち運びできるペットボトル飲料がベター
暑い季節は冷たい飲み物と塩タブレット、寒い季節ならホットドリンクにカイロを添えると、作業員の方に喜ばれるでしょう。

 

お茶出しをするタイミングや品物の選び方は?

 

 

作業が始まると同時に、お茶を出しておきたいと考える人もいるかもしれません。しかし作業が始まって休憩までに時間があると、冷たいお茶はぬるくなり、温かいお茶は冷めてしまいます。

 

おいしい状態でお茶を飲んでもらうためにも、作業員が休憩に入ったタイミングで「お茶をどうぞ」と差し入れるとよいでしょう。忙しそうな場合は、作業から時間がたった頃に差し入れを用意し「休憩中に召し上がってください」と声をかけるのも、一つの方法です。

 

また、お茶出しをする際には、お菓子や軽食を添えるのもおすすめです。お菓子や軽食があると、お茶を飲む時間がより楽しく、リフレッシュできるでしょう。

 

お菓子や軽食の品物を選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

 

作業の邪魔にならないもの
食べやすいもの
季節感のあるもの
例えば、クッキーやビスケットなどの焼き菓子、チョコレートや飴などの甘いもの、ナッツやドライフルーツなどの健康的な軽食などがよいでしょう。

 

具体的には、以下のような品物が挙げられます。

 

クッキー
ビスケット
チョコレート

ナッツ
ドライフルーツ
フルーツ
ゼリー
ヨーグルト
なお、作業の性質や作業員の好みに合わせて、品物を選ぶのもよいでしょう。例えば、工事現場で作業員が汗をかいている場合は、冷たいお茶やアイスクリームなどが喜ばれるかもしれません。

 

お茶出しは、相手へのおもてなしの気持ちを表すものです。丁寧に準備をして、相手の気持ちに寄り添ったお茶出しをしましょう。